■輝シリーズ完全攻略ガイド

P.Cムクトップ 深宙用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
8尺〜16尺位までの深宙・チョーチン釣りに最適です。ターゲットはウキが立って からエサがなじみ切るまでの落ち込みのアタリです。両ダンゴ・セット・段差の底釣 りなど幅広くご使用ください。ただし、なじませてからのアタリを狙う釣り方には不 向きです。
エサ落ち
トップ上から7〜8目が標準です。セミロングタイプのトップですので、大きなハリ でも使えます。ウキが立つときにボディの肩で弾むような動きがあるとき(ウケがき ついとき)はエサ落ちを上に取ります。サワリが弱く、ナジミのスピードが速い場合 はエサ落ちを下に取ると良いでしょう。
号数選択
8尺一杯のタナで六号、16尺一杯のタナで十号が目安です。上記のエサ落ちを変え るのみでは対応しきれないときには、ウキの号数を変えてみましょう。ウキが動きす ぎてなじまないときには大きく、思ったようにサワリを出せないときには小さくして いくのが基本です。
ポイント
一年を通して使用頻度の高い、短・中尺のチョーチン釣りをメインターゲットにした ウキです。両ダンゴ・セット・段差の底など、どの釣り方でもご使用になれますが、 エサをなじませてからの釣りよりも、なじみ切るまでの落ち込みのアタリを狙ってい く設計になっています。ボディ寸と同寸の1φカーボン足は、ウキが立ち上がるとき や、流れが出たときのバランスを絶妙に保ちます。落ち込みの速い釣りに使うウキで すが、立ちが速いというわけではありません。むしろゆっくり立ち上がるのですが、 オモリやエサが完全にタナに入るより先に立ち始め、かつセミロングトップを使用し ているのでヒット率の高いタナを広範囲に探ることができます。1φのP.Cムク トップはグラスよりも軽く、トメやアゲなど微妙な変化のアタリが出やすくなります ので、こういった変化を見逃さないようにしましょう。積極的にアワセていくこと で、釣りのリズムも速くなります。ウキが立ち上がるときにウケ(はずむような動 き)が強いときや、サワリがきつくエサがタナまで持たないときなどにはウキを大き くします。逆に立ち上がってからすんなりなじんでしまったり、弱いサワリのみでア タリにならなかったりする場合にはウキを小さくすると良いでしょう。  狙うタナが同じならば、チョーチン釣りだけに限らず同じウキを使用できます。例 えば8尺のチョーチンと21尺の2本チョイのタナは、ほぼ同じ深さです。新ベラ狙 いの両グルテンやバラグルなどに使用しても良いですし、ペレ宙に使うのも良いで しょう。どの使い方にしても共通していることは、やはり落ち込みの釣りに適してい る、ということです。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.