■輝シリーズ完全攻略ガイド

ハイテクトップ 深宙用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
両ダンゴ・両トロロなどのチョーチン釣りに有効です。主に管理池など魚影が濃いところや、ある程度のタナを限定し、タナを作りながら釣り込んでいくタイプのウキです。
エサ落ち
6目前後が基準です。速いアタリを狙っていくときはやや上に、しっかりなじませていくときはやや下に変えていくとやりやすいでしょう。
号数選択
小さいサイズ(7・8・9号)は、ユックリ仕掛けを落としていく釣り方に使います。8〜10尺など短竿のチョーチンには、10〜13号を選んでください。10〜21尺の場合は、13〜16号などの大きめを使います。短竿と長竿で使用するウキのサイズが違いますが、これは水深に違いのあるためです。浅いタナほどタナ調整が難しくなるため、大きめのウキから探っていくのがやりやすいと思います。
ポイント
このウキの特徴は、少し太め(1.6¢)のハイテクトップを使用しているということ。ウキが立ってからなじみ切るまでのスピードが遅くなるように作られています。ボディ径も太く浮力重視なので、ある程度のタナまでは速くなじませ、そこからハリスが張るまでの時間をゆっくりにする設計です。よって、釣るタナをある程度限定して、タナを作りながら釣りこんでいく使い方に最も威力を発揮します。トップが太いということは、それだけ大きいハリやエサを背負えるということにもなります。しっかりなじませて待っていないとアタリが出ないような状況で、尚かつ重いエサしか反応がない場合でも比較的楽に使えるでしょう。そのようなときは、エサ落ちを少し下の方に取ってやると、さらに楽になると思います。特に魚影が濃いところでは、ある程度のタナまで入れ、そこから長いハリスを振らせて魚を追わせる釣り方が多くなります。この場合は、ウキは大きめの方が良いでしょう。小さいヘラやジャミを、狙っているタナよりも上に置いておいて、その下の大物を狙っていく釣り方です。ウキが小さいと落下速度が遅くなり、余計な魚まで下のタナに入ってきてしまいます。もう一つ大事なことは、エサ打ちのテンポが遅くならないようにすることです。エサをぶらさげて待っていても、やはり細かい魚を上に置いておくことはできません。ウキが立ってからのウケが激しく、なかなかタナまで入っていかないようなときは、エサ落ちを上に取ります。それでもダメならウキのサイズを大きくした方が良いでしょう。気を付けなければならないことは、深いタナを攻める場合、あまりウキが大き過ぎるとエサのタッチが限られてしまうということです。特にこのウキのようにオモリ負荷が大きいものの場合、大きいサイズのものはそれだけ落下速度が速く、しっかりとしたエサしかタナまで持たせることができなくなってしまいます。ですから、あまいエサ(バラケやすい、柔らかいエサ)しか反応がないときに、どうしてもエサをタナまで持たせられないときは、ウキを小さくしていきます。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.