■輝シリーズ完全攻略ガイド

ソリッドトップ 深宙用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
両ダンゴのチョーチン、角麩の段差釣り、チョーチンセットのタテサソイなどのトップのストロークを利用し、タナを探りながらの釣りに効果的です。比較的魚影が薄い釣り場の方がより威力を発揮するでしょう。1¢のソリッドトップなので活性のない魚の微妙な動きも捉えることができます。
エサ落ち
ハリを付けずにトップの付け根になるようにオモリを合わせます。その状態でハリを2つ付けたところの位置を、エサ落ちとするのが基本です。が、釣りの途中でエサ落ちを変えていくことも予想されますので、ハリを付けずにトップつけ根より2〜3目沈めた位置でオモリを合わせると良いでしょう。細かいトップですが、長いので大きいハリでも使うことができます。
号数選択
8尺〜10尺のチョーチンやタテサソイなどには7・8・9号を使います。10〜16号はそれぞれの号数と同じ竿の長さのチョーチン(11号なら11尺チョーチン)が基本ですが、それぞれの号数プラス3尺、15〜16号はプラス5尺くらいのタナで使用できます。(12号で12〜15尺、15号で15尺〜20尺)これは、浅いタナの方がウキの動きがよりシビアになり、深いタナは比較的融通がきくためです。
ポイント
このウキの一番の特徴は、細く長いトップにあります。ダンゴにせよセットにせよ、ストロークを活かした使い方がポイントになります。ダンゴの場合、ハリスの長めのチョーチンやフカセ釣りに最適で、エサ落ち付近のアタリを重点的に狙っていく釣り方に主に使用します。この場合、なじみ切ったら終わりです。次のエサを打ちましょう。待ったり、なじんだ後上がってきてからアタるようなときは、「ハイテクトップ深宙用」に変えます。「ムクトップだからアタリは消しこむ」と、お考えの方もいらっしゃるようですが、必ずしもそうとは限りません。むしろチク・ムズなどの細かいものや、少しなじみのスピードが速くなる、といった変化のアタリが良く出るので、魚の細かい動きを把握しやすいのです。角麩の段差釣りの場合、トップ先端までフルに使った釣りが有効です。バラケを持たせた方が良いときは、トップ先端までしっかりとなじませやり、場合によってはしゃくってやる方法も良いでしょう。ウドンのセット釣りで、バラケが抜けてから竿先でもう一度ウキを沈ませる「タテサソイ」に使うときには、通常より1サイズくらい小さい号数のものを選んでください。クワセだけになった状態でトップを沈め、ゆっくり上がってくる途中の変化に的を絞る釣り方ですので、よりゆっくり上がってくる方がやりやすくなります。魚がはしゃいでしまって、トップのどの位置でもアタリが出過ぎてしまうようなとき(ウキが動き過ぎてしまうとき)は、このウキは向いていません。ウキの余分な動きを消し、強いアタリに絞って釣る方が良いときは、トップが太くてオモリ負荷が大きい「ハイテクトップ深宙用」をオススメします。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.