■輝シリーズ完全攻略ガイド

ハイテクトップ 浅ダナ用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
両ダンゴ・セット・両トロロなどオールマイティに使用可能。ただし、落ち込みの釣りには不向きで、一度なじませてからの釣りに効力を発揮します。
エサ落ち
トップ上から4・5・6目盛りを目安にしてください。それぞれの号数のトップ中間位の位置が適当です。それより上では、なじんだ後のトップの戻りが遅くなり、下ではなじみ込みが悪くなります。状況に応じて、魚がはしゃいでなじまないときは、エサ落ちを上に取ってみたり、サワリが弱く少し魚にウケさせたいときには、逆に下にしてみるなど工夫してみてください。1目盛りのエサ落ちの違いで、状況が劇的に変わることがあります。エサ落ちにはこだわって釣りをしましょう。
号数選択
1mのタナで6〜8号が基準です。それよりも浅いタナには5号を、深いタナ(〜3本位まで)には9〜10号を使います。どの釣り方でも言えることですが、タナが浅ければ浅いほど、その日の魚が一番食うタナを見つけることが難しくなります。逆に言えば、深いタナは多少の融通がきくということです。ですから、このようにウキの大きさと使うタナにバラツキがでるのですが、ここであげた例は、釣り始めにどのサイズから使おうか?というときの参考程度に考えてください。ベストのウキは、その日その場でしか分かりませんから、思うような動きにならないときは、ウキを変えてみましょう。
ポイント
影が薄かったり活性が無いときは、アタリが遠かったりサワリも少なく(弱く)なりがちです。そのようなときには、ハリスを長くしたり、エサをしめて(バラケにくくする)様子をみます。要するに、エサの落下をより自然に近い状態にしてやるわけです。そのため、このような対応でもアラリがないようなときは、ウキを1号ずつ小さくして、よりゆっくり仕掛けを落とせるようにしていきます。また、セット釣りでエサが持ち過ぎ(なじみ過ぎ)でカラツンが多くでるときには、エサをあまく(バラケやすく)していきます。たとえ浅いなじみがあっても、もう一度なじませて、軽いサワリでもエサがバラケるようにし、なじんでからトップが戻ってすぐのアタリを狙っていきます。このようなときでも、あまりウキが大きいと弱いサワリでもエサを落とさせるということが出来にくくなりますので、ウキを小さくしてやります。逆に魚影が濃かったり活性が高いときは、狙っているタナよりも上にいる魚にジャマをされてしまい、なじみ込みが悪くなってしまうことがあります。このようなときは、ウキのサイズを大きくし落下速度を上げて、上の魚の層を突き破るイメージで釣ります。ただし、この場合ウキを大きくしてもなじみ込みが良くならないときは、逆にウキを小さくしてやった方が良い場合もあります。セット釣りの際、なじみ際でアタらなかったりカラツンだったりするときは、しっかり深なじみさせ、バラケの上がりをなるべく遅くしてやるために、エサをしめて(バラケにくくして)やります。また、両トロロの場合は、ダンゴで使うものより1サイズくらい大きめのものを選ぶと良いでしょう。トロロは水中での比重が軽いため、落下速度が遅くなります。トロロで釣るときはエサが揉まれる状態のことが多くなりますので、道糸、ハリスのたるみをなくすためにも、やや大きめのウキが使いやすいでしょう。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.