■輝シリーズ完全攻略ガイド

P.Cムクトップ 浅ダナ用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
ウキが立ってからなじみきるまでの速い釣り、主に両ダンゴ・落ち込みのセット釣りに効果的。
エサ落ち
トップから4〜5目盛りが基準。合わせ方として、まずハリを付けずにトップの付け根(ボディとトップの接合部)でオモリを調整します。このときボディの肩の部分が、水面より出ないように注意してください。水面より出ていると魚が寄ってきたときに、肩の所でウケ(ポコポコはずむような動き)が強くなってしまい、なじみが遅くなってしまいます。この状態でハリを2つ付け、4〜5目盛り水面から出るようなハリが一番使いやすいということになります。そのため、ハリを付けたらトップが潜ってしまうような大きい(重い)ハリは適しません。このウキに限らず、すべてのウキには使えるハリの大きさが決まっていると考えてください。トップの長さと太さに関係してくるのですが、トップが長かったり、太かったりするウキは大きいハリを使えます。逆に短い、細いトップのもので大きいハリを無理に使うと、上記のようにウケがきつくなってしまい、非常に釣りづらくなってしまします。
号数選択
5号=1mのタナを基準に、浅いときは短く、深いときは大きくしてください。また、活性や魚影に応じてこまめにサイズを変えていくことが肝要です。基本的には活性が高く、魚影が濃ければ大きいサイズ、逆ならば小さいサイズに、という対応になります。
ポイント
このウキは決して立ちが速い訳ではありません。立ちはむしろゆっくりですが、立ってからトップに重みがかかるところがスムーズになるように設計してあります。ウキが立ってからすぐのわずかな動きも逃さない、非常に攻撃的なウキです。「なじませて戻ってきてからのアタリを取る」というウキではありませんので、エサ打ちのスピード・リズムを心がけて使い込んでください。トップの付け根でうまく立たせ、すぐにアタリを狙えるようにするには、魚の状態にもよりますが、エサを含め細かい作業が必要になります。魚がわき過ぎてなかなかウキが立たないときは、エサ落ちを1目ずつ上に変えてみます。それでも尚立たない場合は、ウキを大きくした方が良いでしょう。逆に魚が薄く、立ってからの変化が無くすぐになじみ切ってしまうときは、エサ落ちを1目ずつ下に変えていき、さらにはウキのサイズを小さくしていきます。つまり、魚の密度や活性に応じて仕掛けの落下速度を合わせていく作業が、このウキを使った釣りの重要なポイントになる訳です。また、落下速度はウキの違いだけではなく、エサを落とし込む場所やエサのハリへのつけ方、ハリスの長さなどによっても変わってきます。言い換えれば「1段ごとに変化をつけられる」ということですので、エサ付け、送りこみの技術が確かなものならば、その日の正解をより早く見つけられることになるでしょう。 ※使用する道糸は0.6号までのものをオススメします。それより太いものですと、シモリなどの影響を受けやすく、結果、ウキが引っ張られたり立ちが悪くなってしまう恐れがあるためです。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.