■輝シリーズ完全攻略ガイド

ハイテクトップ 底釣り用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
両ダンゴ・両トロロ・セットなどバランスの底釣りならなんでもOK。ただし、あくまで底釣りなので宙釣りには不向きです。
エサ落ち
10目盛りのものは上から6目出し、11目盛りのものは上から7目出しにします。底釣りに関してはエサ落ちをいじらずに、このままの場合がほとんどです。ただし、この状態でハリを取ったらボディが出てしまうような大きい(重い)ハリは使えない、ということだけは忘れないで下さい。
号数選択
ウキの号数が使う竿の長さ一杯のタナと同じになるように選ぶのが基準です。また、このウキは、浮力重視の設計ですので、各号数プラス4尺は許容範囲でしょう。(11号=11〜15尺一杯、14号=14〜18尺一杯など)両ダンゴのときは、上から追わせて釣ることが多いのでウキは小さめ。冬場などのセットや両グルの場合は大きめを選びます。特に活性がないときには、ウキの動きには表れない魚のウワズリといういうものがあります。食う気がない魚がウワズルのですから、アタリが遠のくばかりです。それを未然に防ぐためにウキを大きくするのです。また、冬は風などで流れが出やすいので、ウキが大きければ活性のない魚を確実に釣って行くことができます。
ポイント
やや張り気味の肩と極細トップが特徴です。普通の底釣りウキには、なで肩のタイプのものが多いのですが、ウキの動きにメリハリをつけるために肩を張らせました。細いトップなので魚の動きが細かくつかめますが、どうしてもトップの返り(上がり)が遅くなってしまうという問題が出てきてしまいます。それを解消するために肩を張らせたのです。ボディもやや太めで、浮力重視の設計です。底立てにはトップがやっと沈むくらいのタナトリゴムやオモリを使ってください。あまり重たいものですと、道糸が斜めに張ってしまい、正確なタチ(深さ)が測れません。ウキが立つ位置とその周り1mくらいは念入りに測っておきましょう。底の状態を把握しておけば、後に行う様々な対処も楽なものになります。タナ調整ですが、上バリトントン(上バリがギリギリ底に着いている状態)が基本です。ただし、そこが食うタナだとは限りません。底釣り専用池でない場合は、片ズラシというものがあります。様子を見ながら上バリを切っていく(タナを上げていく)ものですが、目安はなじんで直後(底に着いてすぐ)のアタリなど速いアタリの方が釣れる場合に、上バリトントンから下バリトントンの間を探っていきます。特に放流直後などには効果大です。逆になじんで上がってきてからのアタリで釣れるときは、下方向にタナをずらしていきます。アタリが減ったり、無くなったりしても1cm位ずつおこないます。理想のアタリでキチッと釣れるようになるまで、貪欲にタナを探りましょう。また、1日中同じタナで釣れ続くことはまれです。おかしいな?と感じたら、すぐにタナを調べてみるクセをつけましょう。こまめなタナ調整は底釣りの命とも言えると思います。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.