■輝シリーズ完全攻略ガイド

ハイテクトップ カッツケ用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
両ダンゴ・トロロ・セットなどオールマイティーに使えます。ただし、カッツケ釣り専用の設計になっておりますので、カッツケ以外の釣りには向きません。
エサ落ち
4号で3目、4.5号で4目、5号で5目が標準です。トップが短く、浮力も小さいウキですので、ハリの大きさが重要になってきます。よって、ハリを付けずにトップ付け根の位置にオモリを合わせ、それからハリを2つ付けた状態で上記のエサ落ちになるハリがベストです。トップが沈没してしまうような大きい(重い)ハリは使えません。逆に軽過ぎてしまうハリを使う場合は、最初の段階でトップ付け根より少し上でオモリを合わせると良いでしょう。
号数選択
四号=ハリスカッツケ〜ウキ2本分くらいのタナ四.五号=ウキ1本分〜5,60cmくらいのタナ五号=ウキ2本分〜1m弱のタナ

以上がひとつの目安になります。ただし、タナが浅くなればなるほどウキの動きは複雑になり、食うタナ探すにもシビアな調整が必要になります。魚影や活性等に応じてその日のアタリが出るタイミングを見つけ、理想の動きを作りやすいサイズを選んでください。(すぐになじませたければ大きいサイズ、ゆっくり落としたい時は小さいサイズ、など)
ポイント
浮力は小さいのですが、立ちが速くなるように設計されています。よって、エサの着水と同時にアタリを狙っていく攻撃的な釣りも可能です。その場合、エサ落ちが非常に重要になります。ウキが立ってぐに食いアタリが出るとき、エサ落ちをトップの下の方に取っていると、立った瞬間はボディの肩が水面に出てしまい、せっかくのアタリを逃してしまうことになります。エサ落ちを上の方に取っている場合でもウキが立ったときにボディが出てしまうときには、さらにエサ落ちを上にして行きます。ときには水面より1目出しが正解、ということもありますので、エサ落ちの取り方にはこだわって釣りをしましょう。

冬のセット釣りの場合、最終的にハリスカッツケまでタナが上がるとしても、打ち始めは少し深め(ウキ3〜4本分)にタナを取り、ウキの動きを見ながらウキ1本分くらいづつタナを上げていく作業が必要になりす。日照のよる水温の上昇の影響もありますし、いきなり水面直下を攻め続けても活性が低いためアタリが出るまでには相当の時間を費やしてしまうことになってしまうからです。タナを 上げる目安は、釣れていたアタリがカラツンになったり、サワリの出る位置が高くなったりしたときです。

※使用する道糸は0.6号以下の太さのものをお薦めします。糸が太いとそれだけで水の抵抗を受けやすくなり、流れなどでシモリやすくなります。特に四号などはオモリ負荷が非常に小さいのでシモリの影響を受けやすく、道糸が太いだけで極端にウキの動きが違ってきてしまいます。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.