■輝シリーズ完全攻略ガイド

ハイテクトップ セット用

∴P.Cムクトップ深宙用
∴ハイテクトップ深宙用
∴ソリッドトップ深宙用
∴ハイテクトップ浅ダナ用
∴P.Cムクトップ浅ダナ用
∴ハイテクトップ底釣り用
∴ハイテクトップカッツケ用
∴ハイテクトップセット用
∴完全攻略ガイドのトップ

釣り方
セット釣り、特に繊細な釣り方を要求される時に有効なウキです。冬のバラケにウドンや夏場の食い渋り時のトロ巻きなど、細かい作業が必要な釣りにターゲットを合わせた設計になっています。
エサ落ち
4.5号で3目、5号で4目、それ以上は5〜6目出しが標準です。トップが細かく短いので、あまり大きいハリは使えません。ハリを付けずにトップ付けで根でオモリを合わせ、それからハリを2つ付けると、だいたい上記のエサ落ちくらいになると思います。バラケをつるして待つときには、エサ落ちを標準より1目下に取っても良いでしょう。ただし、それより下にするとカラツンの原因になりやすいので注意してください。
号数選択
5.5号=1mを基準に浅ければ小さく、深ければ大きくしていきます。魚影が濃いところや活性が高いときにはサイズを大きくします。目安は、ウキがきつくてウキがなかなか入っていかなかったり、エサがタナまで持たないときなどです。逆に小さくするときはサワリが弱かったり、なじみ込みが速すぎるときなどです。
ポイント
極細トップでボディも細くオモリ負荷も少ないため、活性の無い魚の水中の動きなど、微妙な変化なども的確に表現します。また、浮力が小さくても立ちを良くするためトップを短めにしてありますので、バラケを持たせて待ちたいときなどは、トップが潜ってしまいやすいのでですが、それを調整できるようになると、かなりのレベルアップにつながります。エサの作り方・まるめ方・ハリへのつけ方・送りこみ・・・などなど様々の作業が確実に行えなければなりません。毎回の動作なので見落としがちですが、とても重要なことです。たとえば、なじみ幅を毎回同じに保つようにするには、同じようにエサをまるめ、同じ圧力でハリに付け、同じ位置に落とし込まなければなりません。このウキのように繊細に作られているものでは、特にその微妙な動作の違いがウキに表れてしまい、現在の状況を正確に把握することが難しくなってしまいます。そして、毎回同じ様に動作ができるからこそ、小さな変化にはじめて気づくのです。このような作業が正確にできれば、このウキの威力を十分に引き出すことができるでしょう。釣りの最中、少し行き詰まったときにエサのつけ方を変えてみるとか、エサを落とし込む位置を変えてみるとか、様々な方法で様子を見ることができるからです。これは釣り方を問わず、どの釣りにも言えることなのですが、このウキのような繊細なものの場合は、その効果がより顕著に表れやすく、結果的には釣果に影響してくると思います。

※浮力が小さいため、道糸は0.6号以下の太さのものをご使用ください。糸が太いと流れの影響を受けてシモリやすくなり、ウキが引っ張られたり、立たなかったり、非常に釣りづらくなる恐れがあります。

Copyright (C) 2004 recoh-servance. All Rights Reserved.